ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

お願いします~そんなこと言わせたくない

施設に入った当初、母は車椅子に座って
机の上でご飯を食べた。


食後は順番に歯磨きして部屋に入る。
その時間帯はとてもいそがしく
職員は猫の手も借りたいほどに見えた。


母の食事が遅かったのかまだテーブルに座っていた。


「お願いします!」と何度も母は大きな声で言った。


待ちくたびれて早く部屋に行きたかったのだろう。


そんなことを言わなければいけない
母の後ろ姿を見て
どうすればよいのかわからなくなった。


そんなこと言わせたくない。


やはり家につれて帰ったほうが…。


しかし、母の体と自分の体調も考えると
連れ帰っても十分に世話ができない。


自宅でヘルパーを頼むぐらいなら
病院も横にある施設で
面倒を見てもらうほうが安心だ…。



やりきれない気持が抑えられず
帰りの車の中でひとりハンドルをたたきながら
いつものように意味のない言葉を叫んでいた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。