ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

塩分が足らない

父の検診で
「塩分が足らない」と先生
「え…どうしたら」と私
「梅干しを食べなさい」と先生

母は血糖値が高いので糖分を押さえていた。
間食はやめて、食品は成分表をみて
糖分が無いか少ないものを選んで買った。
人工甘味料の代用もした。


止める押さえるは案外できるが
もっと取れは
難しい!


減塩食品が多い中で塩分多く取るのは
至難のわざ。


父は足が丈夫だったので
勝手に冷蔵庫のものを食べて間食し太っていた。
それなのに血糖値で注意されたことはなかった。


人間の体は不思議。
外見や習慣だけではわからない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。