ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

死亡届出を出したら

両親が亡くなった後、
手続きをしたのは次の通り。


もちろん死亡届が一番先。
これなくしては
葬儀、火葬もできない。
死亡届は葬儀屋が通常代行してくれる。


死亡届を市役所へ出すと
自動抹消されるのは
 戸籍、住民票、印鑑登録で
以外は手続きが必要。


市役所の手続き
 抹消手続き
  1.世帯主変更
  2.後期高齢医療
  3.介護保険
 受給手続き
  葬祭費補助金申請


年金の手続き
 受給取消
  年金受給権者死亡届
  未支給年金請求


生命保険
 死亡保険金受給申請


公共料金
 名義変更
 口座引落、支払方法を変更



銀行口座
 相続手続き



不動産
 土地家屋、名義変更の手続



必要な書類は先に電話で問合わせて
まとめて取って手続きに行くと
無駄な時間を使わずに済む。


ノートに必要な手続きを項目別に並べた。
項目に対して余白を多く取って
後からメモを書き込めるようにした。
そこに
 提出、申請先の名称
 電話番号、住所(場所)
 開庁時間、営業時間
 手続きした内容、日付、方法等を
書き込む。


クリアファイルに必要な証書、書類等を
手続き毎にまとめて入れた。


出向かなくても電話、インターネットで
出来る手続きもあった。


届に行く時には
 認印、払戻受取用の通帳、通帳印鑑
 本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許書等)は
 必ず持って行った。


葬儀が終わっても
やることがいっぱい!


相続する財産も少なく、借金もないので
親族がもめることなく
手続きや相続は簡単に済んだが


人ひとりが亡くなると
その人に関連するものは
すべて抹消される。
残るものは代りの人が受けつぐ。



近未来には
死亡届を出したら
全部自動で消して欲しい!


疲れる!
届に行くと悲しくなる!


いないとわかっているのに…
傷口に塩を塗られている感じ…。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。