ミンキーのひとりごと

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

お供花には

母が帰ってから毎朝
お菓子とコーヒーを供えた。


葬儀で持って帰った盛花に水を差していたが
1週間するとしおれてきた。


どうするか?


位牌を購入しようとしてインターネットで
検索中にたまたま見つけた
プリザーブドフラワーの
お供花(おきょうか)を注文した。


生花を長期間保つよう加工したもので
造花、ドライフラワーではない。


水は必要ないので花器に挿すだけ。


便利になったものだ。


四十九日前なので色が白いものを注文した。
小さいアートフラワーのようなもので
ケース付きでそのまま祭壇に
置けるものにした。


後日、四十九日を終えると仏壇に花を飾るので
仏壇にある3.5寸の花立(はなたて)に合う
プリザーブドフラワーの仏花(ぶっか)を注文した。

生花よりは乾燥しているが、色合いは生花に近く
ふわふわしてきれいだった。


生花だと世話をしないといけないので気後れして
飾らなくなる。


このやり方がいいかどうかはわからないが
一応本物の生花でできている。


置くだけで仏壇の中が明るくなる。

◆◇ 調べました ◇◆


★お供花(おきょうか)
 「お」をつけずに「きょうか」と言うことも多くあります。
 通夜・葬儀に出すお花、四十九日前に持っていく
 お花を指します。
 四十九日を越えると「仏花(ぶっか)」になります。


★プリザーブド‐フラワー(preserved flower)
 《preserveは保存する意》生花に保存液と着色料を吸わせ、
 乾燥したもの。ブーケやインテリアなどに使われる。
 ドライフラワーと異なり、鮮やかな色や柔らかい感触などを
 長期間保つことができる。