ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

『飴と鞭無し』の介護

両親の介護をしていて、
『飴と鞭』ということわざを実行していた。


正確には『飴と鞭無し』
飴だけ……。


両親のわがままを許した……見て見ぬふり。


高齢の両親に明日はない。


子供であれば、これから社会に出るのに
しつけが必要で、褒めるばかりはできない。
鞭も必要だろう。

先の短い両親に鞭を振ってもしかたない。


気持よく生活できるようにと思った。


頭ではわかっていても、
激怒しそうに何度もなった。


飴だけ、飴だけ……思って
何度も気持を押さえた。


もう一言……


褒められて、伸びなくていいから
おとなしくしていてね!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。