ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

どうしたの?「ポックリ逝って」


仕事前、
両親の介護をしている知人と目があった。


「どうしたの」と思わず出た。


「ポックリ逝って欲しい」と知人


「え~、どうしたの」とまた言った。


7カ月前、母がまだ生きていた時、
デイサービスが、土日祝もあると教えた。
その時は、もっと明るくて、
介護なんか、まだそんなに無い~感じだったが……。


父親が認知症で、母親もいて、
面倒見切れない様子。


認知症でも要介護1では、入れる施設がないと。


「お母さんは」と知人


「亡くなった」


「え、お父さんは」と知人


「七年前に亡くなった」


「そのほうがいい!! 
 両親は80歳、もうそろそろ、ポックリ逝くか」と知人
 知人の目が本気……真顔…。


「最近は百歳超える人も珍しくないよ、
 要介護4なら施設ありそう?……民間では」


「年金あるが、お金がない」と知人


仕事開始時間になった。
もう少しゆっくり聞きたかったが、時間切れ。


何があったのか?


介護疲れ、ストレスか、
知人の変わりようにびっくり!


『親が、ポックリ逝って欲しい』と声に出すとは、
介護経験ある私ならその気持ちを受け止められるが、


介護経験ない人が聞けば、
非常識 言語道断 何言うか……と
誤解されるよ……ほんとうに……
聞いていた人が近くにいたな……。


今度会えたら、もう少し時間を掛けて聞こうか……
……おせっかい……?。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。