ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

ひと時の昼休み

施設に戻り駐車場の車中で食べた。


その後少し車中で休憩…。


在宅中にお世話になったケアマネージャーさんへ
電話したが不在だったので
母が死亡したことを伝言してもらうよう頼んだ。


母が亡くなれば、ケアマネージャーさんとの関係が
なくなるな、少し寂しい…。


もう来ることもないだろうと思った最後の日に
ほんとうに何もないところだと
実感した。


同じ市内なのに私の住んでいるところとは全く違う。
どうして生活しているのか、
車がないと生きていけないのでは。


家の近くには歩いて行けるところに店がたくさんある。
一番近いホームセンター、続いて携帯ショップ、
飲食店数件、大型電気ショップ、薬屋、
ハンバーガショップ、100円ショップ、
たくさんの車屋、大型衣料ショップ、雑貨ショップ…。


遠いのが信号1つ先のスーパー、信号2つ先の郵便局
歯医者、外科は近くにあるけれど
内科は歩いて15分ぐらいの駅前にあり不便。


母が最後に救急で入院した病院で、
車があるのならここが良いと
紹介してもらったが、
車がないとここには来れないのではないか。


台風が接近したら一番先に携帯の警報で
避難区域指定されるだけはあるな。
こんなところに居てたのか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。