ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

葬儀の打合せ・お寺さんのお礼

6年前にした父の葬儀の資料を見ながら
打合せが始まった。


あの時とは加入コースが違うが参考になるのかな。


急ぐのは遺影に使う写真と
葬儀当日に渡すお寺さんへのお礼30万であった。
しかも現金で用意する。


葬儀のお礼、戒名代、お車代を
すべて含んだ金額だった。


父の葬儀と同額だったが
まったく覚えていなかった。
あの時は母の介護で忙しく
葬儀がどんなだったかよく覚えていない。


その金額を聞いて
「そんなに…。」
妹夫婦がつぶやいた。


「戒名は後からでもつけられる。いらないのでは」
「知り合いのお寺さんに来ていただくのはどうか」
とか葬儀屋に言ってみたが


「戒名がないとできない」
「お寺さんは提携しているところで
 来てもらうことになってる」との返答。


断ったり、値切るつもりで言ったのではないが
父の時とは真逆のようなことを葬儀屋は言った。


父の時は戒名もこちらから頼んだし
知り合いのお寺さんがいないので
紹介して欲しいと言った覚えがある。


父の葬儀の資料を見て今回も同じと
思ったか。


父の時とは違って費用をおさえるつもりであった。
身内だけで小規模にやりたかった。
葬儀費用をおさえても
お寺さんへのお礼で予算がオーバーする。


父の時もそうだったが葬儀屋の見積もりに
お寺さんへのお礼は含まれてない。


葬儀の流れにお寺さんが出てくるが
お寺さんの費用はパンフレットや見積もりに
表示されてない。


必要なのに明確でない
滅茶苦茶、不明瞭でダーク。


葬儀屋さんと提携しているお寺さんが
「こんな時だけ呼ぶといって怒らないかな
 葬儀が終わればそれまでで
 家に供養に来ていていただくこともないし」と


「あそこはそんなことはないので大丈夫」
と返答。


断ることはできない
葬式当日までにお礼は用意することに。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。