ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

調子の良いしたり顔の母

病院の面会に行くと
看護師長が飛んで来た。


「娘さんが来るとわかって、
 もう来なくてもいい!」と
心配そうに母が言ってると告げた。


「たぶん調子がよいから言ってる…。」と私


「やはり親子やな…他人だと…」と看護師長が。


ありごとうございます。
私が気を悪くするのではと
心配してくれているようで…。


母との付き合いは長い。
体の調子が良い時は、母は強気になる。


「ここの看護師さんはやさしいから
 来なくてもいい!」と
したり顔で笑いながら
私に何度も言った。


(こやつ!)とにくにくしげに思ったが


体調もよくこの病院にいるのが
心地よいのだろう…。


(調子いいな!)と思いながらも
何故かすごく安心した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。