ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

勝手にやらせて

母が亡くなって1ケ月半ぐらいで
母の口座の引落が無くなったようなので
死亡保険をもらう手続きに行った。

死亡保険で葬儀費用を払えるように
母は生命保険を残してくれた。
ほんとうは一番最初に行きたかったが…。
銀行窓口と生命保険窓口が同じだったので
死亡保険手続きで口座凍結や相続手続きに
なるのが嫌で最後にした。


母の死亡を告げて証書と書類を提出。
事前に電話で尋ねて書類は全部そろえてたので
手続きはすぐに終わり
死亡保険は翌日振り込まれた。


受取人の私の口座とマンナンバーは提示したが、
母の口座には触れなかったので
相続手続きの話はなかった。


そうとわかっていれば
もっと早く手続きすればよかった。
口座残高を少なくしたので
相続の話にまで発展しなかったか?


亡くなった母の通帳、印鑑、
キャシュカード、暗所番号を
わかっているのは私だけ。
亡くなる前、母はたぶん忘れていた。


それで母の口座から現金を動かすのが
罪になるのか?
金額によっては相続税がかかるだろう。
相続税がかからない範囲なら
相続人達が納得していて
もめなければ大丈夫?


死人に口なし。
勝手に子供が手を出している。
そんな感じ…。
悪いか…状況次第…?


役所の届け、郵便物の開封なら
してもいいのか?


死人に口なし、手もなし。
勝手に子供が手を出さないと片付けは進まない。


死後の始末をしないと
成仏できませんよ。


勝手にやらせて…。

生命保険
 死亡保険金受給申請
  生命保険証書
  死亡の事実を明らかにできる書類
     除票住民票
     (死亡年月日・生年月日がわかるもの)
  受取人の本人確認書類の他にマイナンバー必要
  受取人の預金口座
     (死亡保険金の振込先)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。