ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

居宅ケアマネージャーに偶然会う強運

デイサービス、ショートステイ、
介護保険で購入出来る福祉用具、住宅改修などは
は居宅ケアマネージャーが担当です。


そうなると私もですが、ほとんどの人が
在宅担当の居宅ケアマネージャーに
お世話になり相談されていませんか。
毎月の自宅訪問で話をして親しくなった方も
多数おられるでしょう。


母が施設に入った時、
居宅ケアマネージャーには相談しませんが
報告はしていました。


入院、退院、施設入所などの報告です。


デイサービス、レンタルしている用具、
杖、補助手すりなど
利用を止めたり再開したりする必要があるからです。
止めないと利用料が発生しますからね。


母が施設に入った後、
居宅ケアマネージャーとは
家の近所で何回か偶然出会うことがあり、
都度、近況報告の話が出来ました。


本来の担当ケアマネージャーではないので
わざわざ場を設けて話は出来ませんが、
今迄の母や生活環境を一番よく知っているので
偶然とはいえ立ち話が出来たことは
心強いことでした。


偶然でなく、引き寄せた私の運の強さかな?
違う!…母の運の強さかもしれませんね。

↑ 家のチューリップが咲きました ↑

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。