ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

自宅へ

車でひとり自宅へ向かう。


暖房の入った部屋に母が
そのままにされているのが嫌になっていた。


ほかの元気な入所者の声が聞こえてくるのが
非常に辛く悲しかった。


葬儀屋さんが運び出してくれたので
やっと静かになり安心した。


あわてて事故を起こさないように
慎重に運転するよう何度も
心のなかで繰り返した。


家の近くで近所の人とすれ違って目が合ったが
声をかけなかった。
なにを言えばよいか…わからない。


そのまま家に行き
バタバタと荷物を入れた。


片付けは後だ
荷物を空いてるところへ置いていく。


死亡診断書と認印があるのを確認して、
それを持ってすぐに葬儀場へ向かう。


母をひとりにしておけない。
不安がっていないか
心配でしかたがなかった。


亡くなった実感がまだなかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。