ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

介護区分が上がると家計が苦しい!

施設に入った直後、介護区分変更で
要介護2から4へ変わった。


介護区分の上下はよくあり
自宅では要介護2か3を移り変わった。


区分が上がると区分支給限度基準額が上がり
利用できるサービスが増えるが
平行して同じサービスの利用額も上がることが多い。


同じ条件でディサービスを利用しても
介護区分が上がると利用額も上がり
負担額が増えることになる。


ディサービスを利用するなら
要介護3より2のほうが
要介護1より要支援2のほうが
負担額が減って家計は助かる。


施設に入って介護区分が上がるのは
利用料が上がり負担額が増えるので
家計にとっては少し辛い。


ただし母は年収が少ないので
介護保険負担限度額認定証をもらっていて
1ケ月の負担額上限が決められていたので
オーバー分の利用料金は戻ってきた。


そのため介護区分が上がっても
負担額にあまり差なく利用できたので助かった。


本音は

介護区分が上がると利用料も上がるので
家計は苦しくなる!
必要ないなら上がらない方が良い!


サービスを提供する事業所、施設は

介護に手のかかる利用者の料金が上がる方が…。
どうかな??

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。