ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

供養が足らない

葬儀屋からもらった1週間分の巻き線香が
無くなった。


線香をつけずに寝ると
夜中に起こされたような
変な気分。


朝慌てて巻き線香を買いに仏壇屋へ行く。
「なんか…なんか…変、へん」と
呟きながら中に入った。


3箱3週間分購入したら
線香のおまけをもらった。


  

家にいる時は昼でも夜でも
電気ろうそく、線香、回り灯篭をつけた。


留守の時は危ないので電気ろうそくだけ。


四十九日まではそれで落ち着いた。


四十九日法要が終わった後は
塗り位牌を仏壇に置いた。


朝は線香と蝋燭をつけ、お供えを置いたが


「△△ちゃん、起きて」と母の声
「はい…。」と寝ぼけた声の私


朝か寝過ごした?
時計を見ると、午前3時か4時だった。


母といっしょに寝ていた時も
同じように起こされたことがあった。


母が暗いのは嫌いだったことを思い出した。


位牌を仏壇に入れてから
夜は扉を閉め明かりをつけてない。


慌てて仏壇に電気ろうそくを置いてつけた。


私が寝ていると寂しいのか
母が声を掛けたり
テレビやラジオの音をわざと大きくして
起こされたことを思い出した。


起きている時はいいが
寝ているときは落ち着かず
よく寝れない。


それから晩寝る時、もちろん昼寝の時も
仏壇の電気ろうそくをつけた。


明るくしないと
「供養がたらない」と
叱られているようだ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。