ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

初七日法要

骨上げから葬儀場に戻ると。


初七日法要の部屋に案内された。


葬儀は終わったが
いっしょに早めの初七日をした。


後2日で初七日だが
また親族が集まるのは
やはり面倒。


小ぢんまりとした部屋だった。
落ち着いた感じで
これなら家族葬向きではと。


お寺さんが入ってきて

「たとえそうであっても
 夫婦は離してはいけない
 御位牌も同じところで頼んで
 同じように。
 骨も横に埋葬しなさい
 結局△△家で
 皆同じになってしまうから」と


父の骨は先祖代々の墓に入れず
有名なお寺の合同供養塔に入れた。

いっぱいになると新しい合同供養塔が
できる。


父の横に新しい合同供養塔ができたばかり
お寺さんはそれを知っていた。


父の時、四十九日前に
一度お寺さんから電話があった。
電話にでた母が供養の内容を話した。


それを記録していたのだろう。
知っていてくれたことに
嫌な思いはしなかった。


「同じは嫌」と言った母も
納得しただろう。
「はい」と
素直にうなずいた。


「横でいい」と妹2人もつぶやいた。


お寺さんが座るとお経が始まった。


順番にお焼香して終わった。


会食はない。


これですべて終わった解散だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。