ミンキーのひとりごと

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

割込み・虫の知らせ

母が亡くなった時虫の知らせがあったか?
無い。


普段しないことをしてた。


母の新しい冬用パジャマが午前中に
ゆうパックで届くはずだ。
まだ届かない。


家の片付けも終わった。

3週間ほど前に給湯器の水漏れで
新しく取換えた工事のアンケートを
インターネットで書いていた。


工事当日に給湯器の設置場所を替えた。
前の設置場所の塗装がとれるのを当日知った。
お詫びで11帖のガスファンヒーターを
持ってきた。
工事で鉄板を壁に張ってくれたが。
お湯はうまく出たが。

最初に様子を見に来た担当がいいかげん!


真夜中に給湯器の水が止まらず
水道の元栓を閉めた。
昨晩から家の水が全く使えないのに
約束した時間帯に担当が遅れて来ない…。


工事後の確認も指定した時間帯に来ない。
いつも遅れる。怒って電話すると来る。
いいかげん!
かなり頭にきた。

郵送できたガス会社の工事アンケートを
書くことにした。
間違った時に訂正しやすいように
インターネットでパソコン入力した。


点数を付けるところは全部最下位、
普段記入しない意見覧も時間をかけて入力。
30分以上かかったように思う。


終わって送信ボタン押した。
スッキリしたのか一瞬空気が静かになった。


こじ付けのようだが、ほんとうに一瞬なにか…。


時間を見ると11時半ぐらい
遅い!


ゆうパックはいつも早くに届くのにと
思った直後に

母急変の電話が施設からあった。


結局ゆうパックは受け取れず車で施設へ向かった。


担当を辞めさせろといわんばかりに
回答したアンケート。


いくら頭にきたとはいえ
悪くいうものではないか。


だから母に不幸があったのでは…。


しばらくアンケートやめとこう…
また不幸があると困る。


訳のわからない後悔をしている。