ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

納棺

湯灌した同じ部屋に入ると
ディサービスに行く洋服を着た母が
白い棺の中に寝ていた。

「スカーフを結んで下さい」と女性が

これが最後の着替え。
一番に私が近づき
「いつもは…。」と
うまくできない。


2番目の妹が近寄り
首元が隠れ、顔が見えるよう横で結んだ。


化粧して唇は赤味があった。

「手も塗った。きれいになってる。」
と妹2人がつぶやいた。


手首は湯灌前注射後で浅黒くなっていた。


お供えのケーキ、紙パックコーヒーを
葬儀担当が先に棺へ入れた。

 


ケーキは中身が飛び出さないように
ラップで包んでいた。


帽子、眼鏡、入れ歯、靴は母の側に私が置いた。


担当が読み上げながらつぎつぎと棺に入れた。
白の仏衣と帯、杖、振袖と帯

楽譜、赤富士の絵

 

紙の六文銭

襟元に白い布を重ねて置き
納棺は終わった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。