ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

最初の香典

最初の香典


最近、隣人が救急車で運ばれた。
以前も同じことがあったので
入院しているのだろうと。


隣人が亡くなったのを知り
近所の人達が大騒ぎした。
1週間前に葬儀が終わっていたからだ。


母の死を知らせないのはまずいな…。


6年前の父の時は家で急に亡くなり
バタバタしていたので、
言わなくても近所に知れわたった。


近所から数人葬儀に参列して頂いた。


通夜葬儀日程が決まった昨晩
町内会の班長に相談した。


「会長に相談するから任せてくれ」と班長。


その返答が今晩きた。
 町会長に亡くなったことを知らせる。
 家族だけでするとのことで葬儀出席はお断りする。
 よって町会で個々の家には連絡しない。
 町会からは返し不要の香典を出す。
 今後は一律そうすることに。


班長のお母さんを含め
近所で同じことが3件あり
皆、近所に知らせずお断りしたと。


母だけではなかった。


施設にいた班長のお母さんが
亡くなことを今日初めて知った。


数年前までは、近所でご不幸があると
町会役員が個々の家に通夜葬儀の日程を
知らせに回っていた。
そんな連絡を受けたことが何度もある。


いつからそうなった。


平穏で何もないと思っていたが
知らないところでご不幸があった。


家族葬で簡単にやる。
葬儀に手間暇かけたくない。
香典返しはしたくない。
めんどうは嫌だ。


私が望んでいたことだが…寂しい。


近所の人達も高齢になり
若い人のように動けない。
町内会の仕事が負担にならないように
考えた結論だろう。


町内会1万円の香典を最初に受取った。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。