ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

供養の形

母が亡くなった直後は、
骨になった母をいつまでも
持っているのでないかと思った。


父の時は、朝起きた時に亡くなっていたので
看取れず、納骨するのは気乗りしなかった。


母の時は、葬式を済ませて、骨壺を家に持ち帰った時、


「骨なんか、関係ない!」との思いが真っ先に浮かんだ。


もう骨は母ではない。


そう思うと、骨壺を早くなんとかしたくなった。


かといって、骨をゴミと同じように扱えない。


早く納骨して埋葬したくなった。


今度盆は母の初盆だが、
自宅で飾りはするが、
身内は集まらないことにした。


それぞれが、個別に供養することに・・・。


皆、仲良くしている姿を両親に見せたいので
一周忌は、日を決めて集まるつもりだ。



私達姉妹は、形にこだわらないので、
出来たのかもしれないが・・・。


形ではなく、供養する気持ちを尊重したい。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。