ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

住民税を納めることに

母が昨年亡くなるまでは、
パート時間が短いので
毎年6月に決定される住民税(府民税・市民税)は、
非課税となっていた。


今年は、住民税がかかることに・・・


何故??


インターネットで調べてみた。


年金は、課税されるほど貰っていない。
所得税は納めない。


給与収入が100万を超えると住民税を納める
これに該当したようだ。


昨年、時給が上がったので、わずかだが超えた。


住民税の均等割額だけなので、
年5300円だが収めることに・・・


理由がわかったが・・・
金額が少ないので、給与をおさえるほどでもないが・・・


今年でよかった!!


昨年、母が亡くなるまでもらっていた
介護保険負担限度額認定


 申請の条件に
  世帯全員が市民税非課税とある。


もし、母が生きていたら、同居の私が課税、
今年はもらえない。


施設利用費用の割引がなくなり、
生活費用が赤字になる・・・はず




複雑な気持ちだが、運に恵まれたと・・・
そう思って、母の冥福を祈る。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。