ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

あのパジャマはどこに?

 1998年撮影


母の亡くなった日の午前中に、
届くはずだった冬用パジャマ2着
あれはどこに……


11時半を過ぎても届かず、母の急変連絡で
受け取らずに施設へ……。


自分が着る分は、他にもあったので、
新品のまま1ケ月ぐらい置いて、
新品の母の靴といっしょにリサイクルショップへ
2着で3百円だったか?


宅配が遅くて洗濯も出来ず。
封を開けずにいたので、
線香代ぐらいにはなったが……


買取金額が決まるまで、店内を見て回ると、
ガスファンヒータが置いてあった。


給湯器を入れ替えた時に貰った
邪魔な11畳のガスファンヒータを
後から持って行くことにした。


ガスファンヒータを持て2度目に行った時
すでに1着400円でパジャマが店に並べてあった。


定価は4000円ぐらいだったはず…10分の1か……
もう母が着れないのだから仕方ない。


誰かが着てくれたほうが……


なにか、とても、わびしかった。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。