ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

検査結果は、母が亡くなったは言い訳か

 1998年撮影 ひまわり


一昨日、血液検査の結果を聞きに
病院へ行った。


病院といっても、大きな総合病院ではなく
両親の時からお世話になっている地域の開業医


家を出たのが朝9時頃で遅かった。
待合室に10人ぐらいいた。


いつもは早く行くので、順番が1、2番
待ち時間なくすぐ終わる。


診察を待つ間、先生と患者さんの話が、
筒抜けなのに気が付いた。


検査の結果を説明する先生の声、
他に悪いところがないかを聞き、病名を言う先生、
薬を出しますよの声・・・


全部筒抜け!!


今迄気が付かなかった。


知られたくない病名もあるのでは・・・


不愛想な先生と言われていたが、
案外丁寧に説明している。


高齢者が多いためか、言葉遣いがやさしい。


先生も年を取って、まるくなったかな。


でも筒抜けは、困る・・・まだ聞かれても問題ないが・・・


検査結果は、血糖値がやはり高い
他は、大丈夫・・・・と先生。
先月、母が亡くなったこと言ったからか
今日はやさしい・・・。


しかし薬局で、検査結果を見て
 血糖値が昨年暮れから上がり気味と・・・


昨年、母が亡くなってから、
確かに血糖値と体重が高めに・・・


まだ若い、初心に戻って体重減らせと
発破をかけられた。


薬局の人には、母が亡くなったことは言ってない。
薬局で言われたことは、真摯に受け止めることに・・・


しかし、薬局でも全部筒抜け・・・
こんなにオープンでいいのか・・・???


母が亡くなったことは、理由にならない。
もうストレスだけでは片付けられない。

生活習慣を見直して・・・がんばろう!!
がんばるしかない!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。