ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

寒中見舞い~最後の便り


昨年12月中旬、
母の入っていた宗教団体に、
今迄のお礼に行った。


宗教団体の本部は、誰でも入れるように
鍵が掛かっていない。


さすがに、お金は不用心かと思い、
誰もいない本部の祭壇に
母が亡くなった書状とお供えを置いて帰った。


その報告は受け取られ
2月中旬に寒中見舞いが届いた。
達筆できれいな字に驚いた。


それ以来、母宛てのはがきは届かない。
それまでは、4月の供養葬祭の案内が
いつも届いたのに……。


母が亡くなり
案内状が届かなくて当たり前だが、
何か寂しい。


『去る者は追わず来る者は拒まず』
 のことわざ通りだ。


最後にひとこと、
 宗教団体は、
 物品購入、寄付などの勧誘は全くない。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。