ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

食事制限を考える~進物も選べるものを


糖尿病の母のため
砂糖の代わりに人工甘味料を使っていた。


お菓子や、ケーキもインターネットで
低糖質のものを注文して冷凍保存していた。


私も血糖値が高めで、糖分を控える必要があり
母が施設に入った後も、同じようにしていた。


母が糖尿病で糖質を制限するようになって、
私は食べ物を人にあげないようにしている。


アトピー、アレルギーの人もいる。
糖、塩分など制限が必要な人もいる。
食べれない物をあげて
迷惑になっては失礼だと思うからだ。


消費期限、消味期限がある食品をもらうと
家族のいない私は食べきれない。
甘いお菓子も、食べないようにしているので
うれしくない。


最近、香典返し、お祝いなどの進物は、
送った人が品物を選べるように、
全てカタログギフトにしている。


「欲しかった包丁が選べて、よかった」と
香典返しにお礼の電話があった。


カタログギフトでなければ
包丁を香典返しに送ることはなかった。
弔事用カタログギフトは、
お祝い用と変わらない品揃えで驚く。


お礼の電話で
「カタログを見てどれにしようか
 選ぶのが楽しい」とよく言われる。


思ったより好評なので嬉しくなって、
いつもカタログギフトを送っている。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。