ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

昔のケータイ、電源入れるとアルバム?


今週の日曜日午後4時、テレビ東京系列で
「昔のケータイ、電源入れてみませんか?」という
番組が放送されていたのをビデオに撮って見た。


始まってすぐに

Q.昔のケータイを持っていますか?
持っていない10%
持っている 90%
が映った。


え~!
90%、そんなに持っている!


「昔のケータイ」はスマホでなく
もちろん「ガラケー」


「昔のケータイ、電源入れてみませんか?」と
街頭インタービューして、
家にオジャマして携帯に電源を入れて
画像やメールを見る内容だった。



インタービューに答えた人のほとんどが
入れたいが、充電器、コードがないく充電できない。
さすがにテレビ、各種の充電器がトランクいっぱい
用意されていた。



長年充電しないと充電器をつないでも出来ないので
直接バッテリーを充電する
「バッテリー復活マシン」も登場した。


昔のケータイを持っている人は老若男女。
箱いっぱい持っている人もたくさんいた。


若い人なら小、中、高学校別に残し、
あこがれの人の思い出に感動する人


中高年も数台残し、
結婚前の若い自分に喜ぶ人
子供が生まれた写真に懐かしそうな人
亡くなった親の動画を見て悲しむ人



   ←充電スタンドが残っていた。

ブログを書いている間
母の携帯を充電している。


内容は後日に・・・。


最後に、
携帯は捨てないで残すものだ!


カメラで写真を撮るより
携帯で写真を撮ることが多くなった。


捨てられないのではなく
アルバム写真と同じ感覚で
思い出に携帯を置いてるのだと・・・・。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。