ミンキーのひとりごと

  

母を亡くしてひとりになったシルバーのひとりごと

重いはダメ

母がひとりで歩けなくなってからは、
重いものは、身動きできなくなるので
ダメだった。


重い布団、毛布、洋服・・・


毛布はウールは重い。
化繊など軽くて暖かい素材を選んだ。


洋服も同じ、ウールは重い。
化繊で軽いものを選んだ。


通院していた主治医の先生に
「いつも軽くて暖かい洋服を着せている。」
と言われた。


たぶん、ほめられたか?


母に負担が少ないようにと
手で持って、いつも重さを確かめていた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。